武蔵の森病院

042-983-1221 受付時間/ 8:50~17:00(祝・祭日を除く)Facebookページ

医療法人弘心会サイトへ

病院長 岩瀬利郎 x 看護部長 池田慎二 ミニ対談

積極的に職員に外の研修会に参加してもらい最新の知識と技能を身につけるようにしています。

【岩瀬】
なかなか大変な時に看護部長という要職が廻ってきたみたいですね。
【池田】
ええまあ、じつは私は前の病院で看護部長職を努めたこともあり、病院経営の経理まで勉強したことがありましたが、当院に入職するとき看護部以外で、他職種とチームを組みたいという条件を出したのです。
【岩瀬】
ほう、それはどういうことなのでしょうか?
【池田】
確かに看護師という仕事は選ばなければ就職はありますし、現在の世知辛い世の中資格があって安定している仕事と言えるかもしれません。しかし逆に考えると看護師同士の世界で閉じてしまっているようなところがあり、広がりをあまり感じなくなっていました。自分としても作業療法士とか精神保健福祉士、デイケアの職員たちと交流している方が楽しいし、自分の中の知識や技能も幅が出る気がして、当院ではあえてそちらの「診療支援部」の方に配属を希望しました
【岩瀬】
なるほど。それで看護師出身なのに今まで診療支援部の副部長をやられていたのですね。勉強になりましたか?
【池田
はいとても、今でも積極的に職員を外の研修会等に出して最新の知識と技能をできるだけ身につける様にしてもらっています。
病院長 岩瀬利郎

当院の看護体制はまだ改善の余地は残されている

【岩瀬】
それはいいですね。そういう志だった者があえてこの局面で看護部長になった。なかなか興味深いものがありますね、人生の妙というか。なったからには看護師たちも同じように積極的に研修に参加させてください。
【池田】
もちろんそのつもりです。前任の部長の功績も多大で今でも尊敬していますし、正直私の立場で申し上げるのはかなり気が引けますが、当院の看護体制はまだ改善の余地は残されていると思っています。
【岩瀬】
それは具体的にはどういうところでしょうか?
【池田】
私は当院の近隣ではあっても前の勤務先が都内だったので、精神科病院における当局の監査体制とかそれに対する準備の仕方も東京都のやり方を心得ているつもりでした。それに比べると埼玉県はやや甘いところが残されているなと。
【岩瀬】
ああそういうものですか。
【池田】
はい、やはり日本というのはかなり中央集権的なところが多く残っていて、まず東京で行われたことがその後全国に波及していくという面が多いです。ですから、東京のやり方を見越して動いておけばまず間違いないだろうと思います。
看護部長 池田慎二

看護部長の仕事は「ほう・れん・そう」

【岩瀬】
なるほど。それでもう少し当院の実情に比較するとどうなのですか?やはり病院内の指示系統の見直し、透明化を考えているということでしょうか?
【池田】
私の役目は、「病院の方針を把握し、院長の命を受け管理者として運営に参画、看護職員の指導監督を行うこと」と文書上なっていますが、それにとどまらず業務の全体像の把握、各看護師長への指示、医局の先生方と看護部とのつなぎ役等、いわゆる「ほうれんそう」が自分の仕事だと思っています。
【岩瀬】
ほうれん草?
【池田】
例によって院長は浮世離れしていますね(苦笑)。サラリーマンの常識、「報告、連絡、相談」ですよ。今後院長にはどんどん「ほうれんそう」していきますからそのつもりで。
【岩瀬】
了解しました。首を洗って待っています(引きつった笑い)。その手腕に期待していますから頑張って下さい。
【池田】
こちらこそよろしくお願いいたします。
PAGE TOP
関連施設のご案内