武蔵の森病院

042-983-1221 受付時間/ 8:50~17:00(祝・祭日を除く)Facebookページ

医療法人弘心会サイトへ

看護部について

看護部理念と基本方針

看護部理念

私たちは、看護の誇りと責任を持ち、患者・家族・地域の人々に質の高い看護・介護サービスを提供します。

基本方針

  1. チームの一員としての役割を理解し、他職種と連携・協同し安全安楽で質の高いサービスを提供します。
  2. 良質な精神科医療ケアを提供できるよう、十分な知識と技術、高い倫理観を持つ専門職を育成します。
  3. 病院の健全経営に参画し、安定した経営の確保に努めます。

看護部長ごあいさつ

"患者様にとっての最善の利益"と患者様が求めている"最善の利益"は同じではないと言われています。

精神科に携わる看護師は、精神障害のために日常生活までもが困難となっている患者様のセルフケア能力を高めるような援助を行うことが重要で、患者様の自立に向けての第一歩であると考えています。
患者様を自立へと導くためには患者様の自己決定を尊重することが重要であり、また自己決定は患者様に対する処遇・援助の原則で、基本的人権を尊重するものでもあります。
援助する立場にある者は、倫理的な判断や、自己の感情や独善的な判断等をコントロールすることが求められるなど、援助的人間関係には責任が伴います。
また、我々医療従事者が考える“患者様にとっての最善の利益”と、患者様が求めている“最善の利益”は同じではないと言われています。
それらを常に意識し日々業務を実践していくことが質の高い看護の提供に繋がると思います。
倫理的視点で患者様の援助が出来る看護部を目指します。

看護部長 池田 慎二

看護副部長ごあいさつ

看護という仕事は精神的にも肉体的にも過酷な職業、緊張感の強い現場でこそ"ユーモアとウィット"が必要

当院は精神科療養病棟120床、認知症治療病棟60床を有する単科精神科病院であり入院患者様の中には長期入院を余儀なくされている方々も多くいらっしゃいます。そうした長期入院患者様に現れる症状、状態で問題となってくるのがインスティチューショナリズムであり、本来治療のために入院した施設で、感情の平板化・自閉・意欲低下などの陰性症状の一部が作り出されることをいかに予防していくか、ということに私達は尽力していかなければなりません。幸いなことに当院の周辺環境は自然に囲まれ、心を病んだ患者様にとっては癒しの風景として映り、治療的に大変恵まれた環境にあるかと思います。精神科の専門職として患者様と全人的にかかわることはもちろんのこと、そうした環境を用いて、患者様がインスティチューショナリズムに陥ることのないようなケアを提供していきたいと思っています。

看護という仕事は精神的にも肉体的にも過酷な職業であるといえます。一日の大半をそうした過酷な現場で緊張感を持って過ごすわけですから、私達は常にストレス環境下に身を投じているわけです。私は常々、緊張感が強く責任が重い仕事であればあるほど、ユーモアとウィットが必要だと感じています。当院の基本方針の一文にある「職員の満足」を常に意識し、仕事をするのが楽しくなるような職場づくりこそが、患者様に満足していただける医療・看護の提供につながると思います。

看護部副部長 精神科認定看護師 箕輪 雄太

看護部の目標

  • 1.親切・思いやり・笑顔をモットーにやすらぎの看護・介護を実践する
  • 2.変化する社会や医療ニーズに対応できる看護実践能力を養う
  • 3.武蔵の森病院の一員としての心構えを持ち、その役割を遂行する
  • 4.充実した年間教育を基に、看護職員のキャリアアップを図る

看護部の教育について

充実した年間教育計画により変化する社会や医療ニーズに対応できる看護実践能力を養います。

看護部の教育について
PAGE TOP
関連施設のご案内